サラダチキンの作り方

材料

鶏むね肉(300g):1枚
塩【2.4g】:約小さじ1/3
長ねぎ(青い部分):10cm程度
オリーブオイル:小さじ1

低温調理器の設定

設定温度:61℃
タイマー:1時間

作り方

1. 鶏むね肉を常温に戻し、皮、筋、脂を取り除く。厚い部分に切り込みを入れて、厚さを均一にし(約2㎝)塩を全体に振る。
2. ジッパー付き保存袋に鶏むね肉と長ねぎを入れ、真空(状態)にする。
3. 鍋に低温調理器をセットし、水を入れ温度と時間を設定する。
4. 鶏むね肉を保存袋ごと鍋に入れる。水がたりないようなら足し、袋がしっかりお湯に浸かっている状態にする。
5. スタート/一時停止スイッチを押して、調理(加熱と水の循環)を開始する。
6. 加熱が終了したら、鍋から袋を取り出す。
7. フライパンを強火で熱し、オリーブオイル小さじ1杯をひいて、低温調理を終えた鶏むね肉を皮目からこんがり焼き色をつける。両面を短時間でこんがり焼くことで、皮目に香ばしい香りが付きます。
8. 取り出して、5分ほど休ませた鶏肉を包丁で削ぎ切りにする。お好みにより調味料を加え、付け合わせを添える。
●ポイント
※オリーブオイル大さじ1、またはごま油大さじ1を鶏肉と一緒に袋に入れて加熱すると、コク深い味わいになります。
※冷蔵庫で一晩(8時間)寝かせて味を染み込ませると、よりおいしくなります。
※ジッパー付保存袋は耐熱温度100℃以上のものを使用してください。

鶏ハムの作り方

材料

鶏むね肉(250~300g):1枚
塩麴(25~30g):鶏むね肉の重量の10%

低温調理器の設定

●設定温度:61℃~65℃
●タイマー:約3時間

作り方

1. ジッパー付き保存袋に鶏むね肉と塩麹を入れ、真空(状態)にする。
2. 鍋に低温調理器をセットし水を入れ、温度と時間を設定する。
3. 鶏むね肉を保存袋ごと鍋に入れる。水が足りないようなら足し、袋がしっかりお湯に浸かっている状態にする。
4. スタート/一時停止スイッチを押して、調理(加熱と水の循環)を開始する。
5. 加熱が終了したら、鍋から袋を取り出して盛り付ける。
●ポイント
※肉から出たスープもおいしいので、捨てずに活用するのがおすすめです。
※冷蔵庫で一晩(8時間)寝かせて味を染み込ませると、よりおいしくなります。
※ジッパー付保存袋は耐熱温度100℃以上のものを使用してください。

ローストビーフの作り方

材料

牛もも肉(厚さ5~6㎝):500g
ローリエ
玉ねぎ:400g
にんにく:1かけ半
調味料:
醤油:大さじ2/はちみつ:小さじ3
赤ワイン:大さじ/オリーブオイル:大さじ1

低温調理器の設定

設定温度:約56℃
タイマー:約1時間

1. 牛もも肉に塩少々を擦り込みタコ糸で縛る。
2. 玉ねぎ、ニンニク、調味料を合わせブレンダー(すりおろしても良い)にかける。
3. ジッパー付き保存袋に、牛もも肉と調味液とローリエを入れ真空(状態)にする。
4. 鍋に低温調理器をセットし水を入れ、温度と時間を設定する。
5. 牛もも肉を保存袋ごと鍋に入れる。水がたりないようなら足し、袋がしっかりお湯に浸かっている状態にする。
6. スタート/一時停止スイッチを押して、調理(加熱と水の循環)を開始する。
7. 加熱が終了したら、鍋から袋を取り出す。
8. フライパンにオリーブオイルを入れて熱し、肉の全面に焼き色をつける。
9. お好みにより調味料を加え、付け合わせを添える。
●ポイント
※つけ汁を煮詰めればソースに。野菜に添えて食べてもおいしいです。
※冷蔵庫で一晩(8時間)寝かせて味を染み込ませると、よりおいしくなります。
※ジッパー付保存袋は耐熱温度100℃以上のものを使用してください。

レシピダウンロード

ファイル名 ファイル
サイズ
ダウンロード
HS-SV6B レシピ 5,885KB PDF »

【ご注意】本ウェブサイト上に公開されているレシピとカタログ等は、原則として発売当初のものを掲載しております。弊社では、レシピ、カタログの内容がお客様が購入された製品と異なることがございます。レシピ、カタログに相違等があり、ご使用方法がわからない場合は、大変恐れ入りますが、弊社のお客様相談窓口までお問い合わせ下さい。